カテゴリ:詩と文芸誌( 14 )

 

自分の詩集について

実は私の新詩集が電子書籍で販売されているんだけど、
まだ訂正するかもしれないのでまだ発表していません105.png
検索するとでてくると思います。
amazonkindleで 『コーヒーを飲む』というタイトルなんです。
詩のタイトルからとってつけました。
佳歩さんのイラストがいいんですよ~
表紙に中身がついていってるかなーとやや心配^^;

紙の本も1冊試作依頼中です。
これを見直して複数冊印刷したら発表しますね(#^.^#)
詩が上手いわけでもない私が何冊も作って、実に不思議な現象です(笑)
あほみたいだなーて自分で思いますもん。



[PR]

by nekojarasino | 2018-06-22 21:16 | 詩と文芸誌 | Comments(0)  

読んでみたい詩集

秋田の詩人さんで、詩集を作ったことがないようだけど、もしその人の詩集ができたら欲しい!という人が男女それぞれ2,3人います。^^
でも、詩集ってあまり売れるものではないし、ほとんど自費出版に近いものだろうからお金もかかるし、その人に薦めるってわけにもいかないよね。若い人も多いし。
でも、若い人なら逆に自由なお金があるかな?


[PR]

by nekojarasino | 2016-09-06 10:43 | 詩と文芸誌 | Comments(0)  

すごくアホかもしれないけど・・結構ある

詩の同人誌に入っていて書いた詩で、どの詩集にも載っていないもの(それはボツにしたものもあったんだけど・・)がいくつかあって、公募に応募してボツになったのも結構あって、ボツになったということはよくなかったということだろうけど、私としては記録のようなものだし、その時しか書けなかったものだな。
と変な愛情が湧いてきた。
それに、同人誌はエッセイもあるじゃん!
そうなると、詩とエッセイでページが稼げる(笑)
ヒマになるとこんなことばかり思いついてしまうけど、おかしいかなー
表紙のデザインも半分考えた。

これを本にしたとしても誰も読みたい人はいないだろうし完全に自己満足的ではあるが・・



[PR]

by nekojarasino | 2016-09-04 16:04 | 詩と文芸誌 | Comments(0)  

詩画集 あこがれ

b0311459_1415096.jpg

b0311459_1415062.jpg
詩画集あこがれ
『北の詩手紙』20号記念・2016
~poetry with Noname-名も無き詩の鑑賞会ー~
With sanemi
発行日:2016年8月15日
編集・発行人 田口映

もうイベントは終わってしまいましたが、昨日ギター演奏と詩の朗読イベントもありました。
(行けなくてすみません、この場でお詫びを・・)

中身は貼り絵のsanemiさん
心暖かくなるようなかわいい貼り絵が左ページ
右ページに詩がついています。
どれも違う詩人さんが詩をつけられて
それぞれの味わいがあります!
なんだか、秋田で作られた感じがしなくて
秋田にもこんなに詩人さんがいるんだー
と驚きます。

表紙のブルーグレーぽい水色、
sanemiさんの手書きタイトル、
金色の清楚な縁取り、
全体で”あこがれ”の雰囲気がでています。

会を通じて輪が広がって、最初は思い付きだったかもしれませんが、
作ってみよう!という発想を実らせてこんなにステキな詩画集ができたのでしょう。(*´▽`*)

発行おめでとうございます!

この詩画集は来年1月にNHKホールに展示されるようですので
またそのころお楽しみください♪



[PR]

by nekojarasino | 2016-08-22 14:15 | 詩と文芸誌 | Comments(0)  

応募してました。

b0311459_19323674.jpg
もちろん!入賞はしていません^^
私の場合はあまり書ける人でないので、
書いて投稿するまでが目標なのです。
入賞、入選作品は人生を詠った深いテーマのもの、感動的なもの、
切り口の鋭いものがあり、すごいと思いました。
時間のある時、夜眠れないときなどに開いて読みたいです。




[PR]

by nekojarasino | 2015-11-30 19:32 | 詩と文芸誌 | Comments(0)  

詩集第二弾

b0311459_1051267.jpg


以前手作りしていたのを外注しました〜の第二弾です。(^^)

表紙は描いていただきました〜
リボンはわざとにじませた手法(?)ですが、味があって気に入りました〜(^^)

今回は県内の図書館にほとんど寄贈したため、手元に残りませんでした^^;
全図書館に!と思っていたのですが、全部には行き届かなかったです。

そのうち増刷できたら残りの図書館と詩人協会さん等に送りしたいですが、しばらく予定がつかないので図書館で読んでいただけたらと思います・・・
来月には手続きが済んで館内に並んでいるかな?

ーーーー
といいますか、
私よりも詩が書ける人がたくさんいるのに、
こんな私が何冊も本を作って恥知らずかな・・?と思わないでもないですが、
過去の自分にご褒美です(笑)
これからは詩と向き合っていけたらーと思います(軽いノリですみません)

私が作っているくらいだから、北の詩手紙のTさんとかKさんとかKさんとかAさんとか作ったらきっとステキだろうなと思います。
キラキラな1冊になるはず!
と独り言。



[PR]

by nekojarasino | 2015-06-08 10:51 | 詩と文芸誌 | Comments(0)  

もう5行長く

詩を書くとき、あと一歩、あと5行長く書くようにやってみようかな、と思います。
というのもアドバイスをいただいたからでした^^

もうちょっと長くてもいいな、続きが読みたいな、と読み返してみて自分でも思ってわいてわかっていたからです。
でも、そのときはそれしか書けなかったのでした。

これからはもう5行、いや1行でも、長くかけるように頑張ってみようと思います。
1行というけれど、こういうブログを書くのと違って、詩の1行というのは作文ではないのだから、更に求められる1行~5行というのはただの言葉遊びではないはずだよね。
難しいだろうけどやってみよう。


[PR]

by nekojarasino | 2015-06-06 05:34 | 詩と文芸誌 | Comments(0)  

印刷製本は外注しました。

「光る砂」について誤解されたかと思いますが、
あれは印刷製本したのは私ではなく外注したものでした。
ネットで検索して見つけた京都の業者さんです。

・・と、
おもむろに本後ろのプロフィールやあとがきを見たけれど、
全て手作りなんて書いていたからそう思わせてしまいましたね^^;
過去の本という意味でした・・すみませんでしたー



[PR]

by nekojarasino | 2015-06-03 05:55 | 詩と文芸誌 | Comments(0)  

焦りすぎた・・

2冊目の掘り起こし(?)本はすでに出来上がった気持ちでいたけど
見本を見直していたら
まだまだ手を入れる余地がでてきた。
見直すと見直すほど訂正したい箇所がでてくる。
はやる気持ちを抑えて手を加えている。
日頃焦ってやっつけ作業をしていたからなあ。
それにもうちょっと上(?)を目指すにはハードルを乗り越えなければならない。ちょっと大げさだけど。



[PR]

by nekojarasino | 2015-05-31 05:58 | 詩と文芸誌 | Comments(0)  

詩集を発送しました~

1ページ目の著作権マークを@としてしまったりとグダグダになってしまったことと、以前と同じ詩なのでもらっても迷惑かな?とためらっていたのですが、

すみません。送りました^^;

恐れながら、今まで本を頂いた方々にお送りいたしました。
それと、詩人協会事務局Yさんに複数冊お送りしましたので、
読みたい方はもらってくださいませ~
届いた方はどうかペラペラめくってくださいませ~m(__)m

県立図書館、市立図書館明徳館、土崎図書館には寄贈しましたので、後日読むことができると思います。

あと10冊くらい残っているので友達に渡しますね^^

それと、もう一冊印刷するのがあります。
こちらは『気持ちの駅』というので以前作ったのを少し編集してイラストいれて再発行です。
同じ詩ですが、表紙はイラスト入っていますし、力が入っているのでおすすめ!
これは後日、できれば書店さんに置いてもらいたいなあ、と思っています。
どこか置いてくれるところあるかな。

と、こんなに作ってもまだ目標に届いていません。
これから新しい詩が書けて何年かしたら、今度はハードカバーの詩集を作った貰いたいです。(そのためにお金を貯めていきたいなー笑)
なんでこんなに作りたがるのか疑問ー汗


[PR]

by nekojarasino | 2015-05-28 16:23 | 詩と文芸誌 | Comments(0)